インフルエンザ流行開始とワクチンに関して

  • HOME
  • お知らせ
  • インフルエンザ流行開始とワクチンに関して

ここ数日気温が下がり寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか。

厚生省からの発表では、2019年第45週(11月4~10日)の感染症発生動向調査によりますと、インフルエンザの定点当たり報告数が1.03(定点数:全国約5,000ヵ所、報告数:5,084)となり、流行開始の目安となる1.00を上回ったとのことです。このため、15日の報告で全国的なインフルエンザの流行シーズンに入ったと発表しています。これは、前年比で4週間早いシーズン入りで、現在の統計法で調査を始めた1999年以降では2番目に早いもの、とのことです。

現在、当院におきましても周辺地域で例年より早めのインフルエンザ感染の方が見られており、インフルエンザ感染防止対策として、ワクチンの接種を行っております。一時ワクチンの供給が不足気味でしたが、現在再入荷でき、ご希望の方から接種を行っております。

手洗い、うがい、マスクと共に早目のインフルエンザ対策をお勧めいたします。