耳鼻咽喉科を中心に風邪、生活習慣病、軽い外傷にも対応
時間をかけて診療し、みなさまの「してほしい」に答えます

耳鼻咽喉科を中心に風邪、生活習慣病、軽い外傷にも対応
時間をかけて診療し、みなさまの「してほしい」に答えます

耳鼻咽喉科を中心に風邪、生活習慣病、軽い外傷にも対応
時間をかけて診療し、みなさまの「してほしい」に答えます

耳鼻咽喉科を中心に風邪、生活習慣病、軽い外傷にも対応
時間をかけて診療し、みなさまの「してほしい」に答えます

お知らせ

2020/07/03

お知らせ

7月に入り学校が再開されるなど、新しい様式ではありますが少しずつ今までの生活が戻り始めました。周辺の病院でも今までは悪性腫瘍や外傷を除いた不要不急の病気の手術以外は控えていたところも多かったようですが、感染対策を充実したうえで少しずつ手術治療を再開しているようです。
近隣の学校では溶連菌感染の子供さんが見られたとの報告もあり、夏カゼ(手足口病、ヘルパンギーナ、アデノウイルス感染症など)を含めた感染症に対する対応も必要です。まだまだ新型コロナウイルスももちろん、夏カゼなどを含めた感染症に対する自己管理も引き続き必要ですが、少しずつ元の生活に戻ってきてほしいと思います。
本日(7月2日)は東京でのコロナウイルス感染者が100人を超えたとの報道がありましたが、必要な対策を行いつつ過度に恐れずに日々の生活をがんばって送っていきましょう。
以前より患者さん向けに「いろいろな病気の解説シリーズ」として耳鼻咽喉科に関した病気を簡単にご紹介していますが、今回「補聴器について」と「副鼻腔炎について」を追加掲載いたしました。聞こえにくいことでお困りの方や、鼻閉など鼻の症状でお困りの方は一度ご覧になってください。

2020/06/05

診療内容に関するお知らせ

6月に入り入梅の時期となりましたが、皆様体調にお変わりありませんか?
新型コロナウイルス感染症の患者数は徐々に減少してきて少しずつ日常の生活が戻りつつありますが、学校生活などはまだ十分に戻ってなく、引き続き感染防止に関して気をつけていただきたいと思います。

当院の内科診療に関してお知らせがあります。
7月から土曜の午前中に、木内麻里医師による内科診療が始まります。高血圧、消化器、糖尿病など内科一般の診療を行う予定です。当面は不定期となりますので、電話予約をしていただければと思います。
7月8月の診療予定日は、7月4日、11日、8月1日、8日、29日 いずれも土曜日で10時から13時まで、受け付け時間は15分前までです。
岡本孝之医師も診療は行っています。

2020/05/13

お知らせ

この度、いろいろな病気の解説シリーズに「嚥下障害について」の資料を追加掲載いたしました。のどの解剖、嚥下機能、飲みこみに関するのどの検査などにご興味のある方は一度ご覧ください。
5月に入り初夏を思わせるような暖かい日になってきました。新型コロナウイルス感染に関しては、少しピークを越えたような報道も見受けられますが、まだまだ油断は禁物とおもわれます。少しでも早くウイルスの感染拡大が終息し、学校生活を含めた日々の普通の生活を送ることができるように、皆さんで乗り越えていきましょう。

2020/04/27

休日診療のお知らせ

 東京都耳鼻咽喉科医会の休日診療当番のため、5月3日は耳鼻咽喉科の休日診療を行います。通常の耳鼻咽喉科疾患に対する休日診療対応であり、申し訳ありませんが新型コロナウイルスの肺炎(疑いを含めて)に対する対応は胸部X線、CT検査やPCR検査などを含めてできません。
 現在医療施設においては新型コロナ感染症を意識した外来診療が勧められており、世田谷区医師会からは以下のような対応が勧められております(4月7日時点)。一般の方で風邪症状のみで肺炎を疑う症状がない場合には、風邪薬、去痰剤など通常の上気道炎に対する対応をさせていただきます。その場合にも症状の悪化に注意していただき3日程度自宅での安静加療をお勧めしています。風邪症状に加えて、発熱、悪寒、倦怠感、呼吸苦(息苦しさ)、頻回の呼吸など肺炎を疑う症状が見られる場合には、胸部X線やCT検査などのチェックが望ましいため、これらの検査が可能な施設を受診し精査していただくことをお勧めいたします。胸部CT検査などで肺炎像を認めた場合、また通常の風邪および通常の肺炎治療を行いつつ自宅での安静療法を行っても、症状が4日以上改善しない場合には、「新型コロナ外来の受診相談窓口」に電話相談を行っていただくようになります。一方、ご高齢者、基礎疾患のある方や妊娠中の方では、上記経過が4日でなく2日程度みられる場合には速やかに電話相談をお願いいたします。発熱、風邪症状がある方は、受診前にあらかじめお電話で相談をさせていただければと存じます。
 日中気温も上がり春めいた陽気になってきましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため外出自粛をされるなどストレスの多い日々を送られているものと思われます。今現在連休明けの緊急事態宣言の期間延長に関しては報道されていませんが、少しでも早くウイルスの感染拡大が終息し、今まで通りの普通の生活を送ることができるように、皆さんで乗り越えていきましょう。

2020/04/14

お知らせ

この度、いろいろな病気の解説シリーズに「めまいについて」の資料を追加掲載いたしました。耳の解剖、生理、めまいの検査などにご興味のある方は一度ご覧ください。今回は「耳から見ためまい」に関してごく簡単な説明となっています。また機会があれば、それぞれの病気に関してもう少し詳しくご説明できればと思います。

当院が選ばれる4つの理由

医師・スタッフ紹介

地域の皆さまの健康と医療のお手伝いができればと思っております。

この度、義父が診療を行ってまいりました岡本外科を改装し、「はたのクリニック 耳鼻咽喉科 外科 内科」として新たな診療を始めさせていただきます院長の波多野篤と申します。
診療内容として、耳鼻咽喉科を新たに私が診療させていただきますが、今まで通り通院をしていただいた方を中心に義父の岡本孝之による、外科 内科 整形外科的診療を引き続き診療をさせていただく予定です。

医院案内

医院名
はたのクリニック
住所
〒156-0056
東京都世田谷区八幡山1丁目11番地4号
電話番号

03-3302-8443

FAX番号
03-3303-8489

診療時間 耳鼻咽喉科

 
09:00~12:30 ×
14:00~18:30 × ×

※受付は診療時間の15分前までです。
●・・・9:00~13:00
■・・・第1・第3・第5木曜日は診療
休診日:第2・第4木曜日、土曜午後、日曜、祝祭日

診療時間 外科・内科

 
10:00~12:00 × ×
15:00~17:00 × × ×

※受付は診療時間の15分前までです。
休診日:木曜日、土曜午後、日曜、祝祭日

交通案内

最寄駅 京王線八幡山駅 徒歩13分
京王線上北沢駅 徒歩12分
京王線桜上水駅 徒歩18分
小田急小田原線千歳船橋駅 徒歩18分
最寄バス停 京王バス【経2経堂行き・烏51両水無行き】朝日新聞社前停留所から徒歩1分
小田急バス【経01千歳船橋行き・経02八幡山駅行き】朝日新聞社前停留所から徒歩1分
近くの交差点 環状8号線 「千歳台」交差点東へ入り「赤堤通り」へ
3つ目の信号(希望ヶ中学校前)を北へ
駐車場 あり/3台駐車可能

診療案内

耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科

耳の病気では、風邪の後におこる「中耳炎」や急に聞こえが悪くなる「突発性難聴」の他、前庭、三半規管の異常による「めまい(メニエール病など)」などを診療いたします。
鼻の病気では、ダニや花粉が原因となる「アレルギー性鼻炎」や風邪の後に重症化した場合の「副鼻腔炎(俗にいう蓄膿症)」などを診療いたします。
のどの病気では、「感冒」「急性咽喉頭炎」や扁桃腺がはれる「急性扁桃炎」や、「ポリープ」などによる声がれ、さらに呑み込みに関した「嚥下障害」などのほかに、頭頸部腫瘍といって、頭と目を除いた首から上の「できもの、腫瘍(舌癌、咽頭癌、喉頭癌など)」の診察も行います。診療所のために、手術治療はできませんが病気の相談などをさせていただきます。

詳細はこちら

外科・内科

従来、岡本外科で行ってきた外傷、打撲などの外科的疾患治療や腰痛その他に対する理学的療法の診療を行います。
その他に、高血圧、高脂血症などの生活習慣病や、風邪などの上気道炎、インフルエンザ、さらに急性胃腸炎などの診療を行います。
精査を必要とする疾患では近隣の医療機関と提携をしておりますので、より良い診療を行えるようにご対応させていただきます。

詳細はこちら

目で見る病気シリーズ

目で見る耳の病気

もっと見る

目で見る鼻の病気

もっと見る

目で見るのどの病気

もっと見る

目で見る頸部の病気

もっと見る

目で見る唾液腺の病気

もっと見る

目で見る頭頸部癌

もっと見る

いろいろな病気の解説シリーズ

急性中耳炎について

もっと見る

滲出性中耳炎について

もっと見る

アレルギー性鼻炎について

もっと見る

のどの構造と働き

もっと見る

耳掃除について

もっと見る

風邪に関して

もっと見る

難聴について

もっと見る

めまいについて

もっと見る

嚥下障害について

もっと見る

補聴器について

もっと見る

副鼻腔炎について

もっと見る

インタビュー

自分や自分の家族だったらそうして欲しい、という医療の提供を心がけています。

患者さまの考えやお気持ちを聞いて、なるべくご負担をかけない診療を、そして画像を見て頂いたり、絵を描いたりして丁寧な説明を心がけております。

詳しくはこちら