耳・鼻・のどに見られるいろいろな症状とその原因

  • HOME
  • 耳・鼻・のどに見られるいろいろな症状とその原因

 

1.耳

耳が痛い、耳だれが出る、耳がかゆい

急性中耳炎:風邪や上気道炎によって鼻やのどが腫れて炎症がおこった後に、耳と鼻をつなぐ耳管を介して、細菌やウイルスにより鼓膜の奥に炎症をおこした状態です。 お子さまでは、耳の痛みと共に発熱を起こすことが多く、鼓膜に穴が開くと耳だれがでてきます。

急性中耳炎について

慢性中耳炎:以前に中耳炎を繰り返すことで鼓膜に穴が残ってしまった状態です。風邪や上気道炎などの急性の炎症を契機として、耳漏が出てきます。

外耳炎:鼓膜よりも手前の耳の中の皮膚が炎症を起こした状態です。

目で見る外耳道、鼓膜所見

聞こえが悪い、耳が詰まった感じがする、耳に水が入った感じ、耳鳴り

突発性難聴:ある時突然、耳の聞こえが悪くなる病気です。ウイルス感染や血流障害などの可能性が考えられていますが原因不明です。鼓膜の奥にある蝸牛といわれる、耳聴覚を司る神経の末端付近に障害が起こっていると思われるため、早期にステロイド剤などの薬を用いた治療が必要です。めまいを伴うような場合には入院加療が必要な場合もあります。

滲出性中耳炎:急性中耳炎などの後に、鼓膜の奥の炎症が治りきらずに水がたまった状態です。水がたまった状態が続き、きこえが悪い場合には鼓膜切開といって鼓膜に小さな穴をあけて水を抜きます。また繰り返し鼓膜切開が必要な場合には、鼓膜にチューブと言って換気用の管を置くこともあります。

★小児滲出性中耳炎について

耳垢栓塞:耳垢が耳の中にたまり固まった状態です。硬くてとりにくい場合には薬を使って柔らかくした後に、取り出します。

2.鼻

鼻水が出る、鼻が詰まる、くしゃみが多い、鼻水がのどに落ちてくる

急性、慢性副鼻腔炎:通常の風邪などでは鼻水、のどの痛み、発熱などの症状が数日で軽快しますが、副鼻腔炎を起こした場合には、風症状の後も頑固な鼻つまりやねばねばした鼻水が続き、鼻水がのどに回ってきたり鼻から頬や顔の奥に痛みが生じてきたりします。慢性化した場合には通常より長めに薬を飲む治療がありますが、ポリープを伴い治りにくい場合には手術が必要な場合があります。

アレルギー性鼻炎:くしゃみ、(さらさらした)鼻水、鼻つまりが特徴的です。ほこりやダニなどが原因の場合には一年中これらの症状が続きますが、季節ごとの花粉が原因の場合には、花粉が飛んでいる期間これらの症状が見られます。特に多いのが春先の2~4月に飛ぶスギ花粉が原因で起こるスギ花粉症です。 4月から5月にも同様の症状が起こる場合にはヒノキの花粉症が疑われます。

★目で見る鼻の病気

鼻血が出る

特発性鼻出血:鼻中隔といって、鼻の奥を左右に分ける骨と軟骨でできた板状の壁があります。
この鼻中隔の前のほうで、小鼻の内側付近にはキーゼルバッハ部位といって、粘膜の下に血管が密になっている部位があります。お子さまが鼻をかんだりこすったりした際に、傷がついてしまうとここから出血を起こしてしまうことがあります。小鼻を抑えた状態で、少し下を向き、鼻血がのどに回らないようにして数分圧迫し続けておくと多くの場合には泊まります。大人の方で特に高血圧などの持病がある方では、もっと奥のほうから出血している場合があるため、必要に応じて出血部位を電気凝固したりガーゼなどを鼻の奥に入れて強く圧迫して血を止めることが必要な場合もあります。

鼻副鼻腔腫瘍:鼻の奥にできたできもの「腫瘍」から出血を起こすことがあるため、内視鏡などもちいて鼻の中の深い部位を観察する必要があります。

臭いがしない

嗅覚障害:臭いの神経は、眼と眼の間の高さで鼻の奥の上方深いところに末端があります。このため、鼻の病気で強い鼻づまりを起こして臭いを起こす成分がこの鼻の奥の深いところまで届かない場合、においが感じなくなります。また、鼻が詰まっていなくても風邪の後のウイルス感染や、頭を強く打って臭いの神経が障害された場合にも臭いがしなくなります。ステロイド系の点鼻薬などの治療で改善する場合もありますが、長期に及ぶと治りにくになるため早めに対応することが必要です。

3.のど

のどが痛い、のどが腫れている、声がかすれる

感冒、急性咽喉頭炎:ウイルス感染や乾燥などを契機にのどの奥が炎症を起こした状態です。のどの乾燥に注意をして、うがいをしたり症状に応じて痛み止めや解熱剤などを使用します。

急性扁桃炎:のどの奥の両側にある口蓋扁桃(一般的に扁桃腺といわれている)が細菌やウイルスなどによって炎症を起こした状態です。扁桃全体が赤くはれて、その表面に膿栓といって白いぶつぶつしたものがついていたり、白苔といって全体が白い膜状のものに覆われたりします。のどの痛みが強く、高熱の原因となります。さらに扁桃の周囲に炎症が及ぶ場合には咽頭痛も強くなるため、場合によっては入院が必要な場合もあります。

のどの構造と働き

のどが詰まった感じがある、のどの異物感がある

逆流性食道炎:胃の中には食べたものを消化する胃酸という強い酸があります。またのどと食道、食道と胃の間は括約筋と言って周囲から食道を圧迫して内腔を閉じている筋肉があり、通常は胃の中にある胃酸が上方の食道やのどまで上がってこないようになっています。この胃酸が胃内から食道へと逆流して上がってきたり、さらにのどまで上がってくると、この強い胃酸のために胸やけのような症状が起こり、時にはのどの違和感を生じることがあります。胃酸を抑える薬で対応しますが、食事の後すぐに横にならないなどの対応も必要です。

咽頭腫瘍:のどにできものが生じる場合にも、その初期の段階では違和感のみしかない場合もあるため、たばこやお酒の飲む習慣がある方では、軽度の症状であってもできものがないかどうかを内視鏡を用いてチェックする必要があります。

咽喉頭神経症:内視鏡検査などにて特にのどに、炎症やできものなどの病気が見つからない場合にも、のどの違和感だけが続く場合があります。ストレスなどが原因となっていることが多いですが、原因となるような病気がのどにないかどうかチェックが必要です。

4.顔面

顔が動かしにくい

顔面神経麻痺:朝起きて鏡を見たら顔の動きが悪くなっていた、水を飲もうとしたらこぼれてしまう、笑うと顔がひきつれる、といった症状が起こります。その多くはベル麻痺といって原因不明でおこる顔面神経の麻痺です。顔の麻痺と共に耳たぶが赤くはれたり水ぶくれを起こしたり聞こえが悪いなどの症状が見られる場合にはハント症候群といって帯状疱疹(水ぼうそう)のウイルスが原因とされておいます。また、顔の動きの中で額だけは麻痺していらず動きが悪くない場合には、頭の中の病気が原因となっていることがあります。原因となるものがないかしっかり調べたうえで、早目の治療を行うようにしましょう

頬が痛い、鼻から目の周囲が痛い

急性副鼻腔炎、副鼻腔腫瘍:副鼻腔という顔の中にある空洞に強い炎症を起こしたり、その部位にできものができる場合には、副鼻腔そのものとその隣り合った部位の頬や目や頭の痛みなどを起こすため、内視鏡など用いてチェックします。

5.めまい

目がぐるぐる回る、ふわーとする、立ちくらみがする

「めまい」と表現する場合には、いろいろな状態のものがあり、人によっては「天井がグルグルまわってしまう」「なんとなくふわふわした感じがある」「立ち上がった瞬間に目の前が真っ暗になって一瞬フーとした感じになる」など様々です。このため、めまいをおこす病気にはいろいろなものが含まれています。睡眠不足、貧血や血圧の高い低いといったものが原因のものから、脳卒中(脳出血、脳梗塞)と共に耳の病気が原因で起こるものがあります。血圧の問題や頭の病気は、それぞれ内科や神経内科、脳外科などで見ていただくのがよいと思われます。耳鼻咽喉科では、耳の中にあって体の平衡覚、バランスに関係した前庭、三半規管に生じた病気を取り扱います。

良性発作性頭位めまい症:半規管のなかはリンパ液でみたされていますが、その中にある耳石という石が元の場所から外れてしまった場合、体を動かした際に重力に応じて石が半規管内を移動します。その際に中のリンパ液も動きその動きに応じて半器官が刺激され回転性のめまいを生じる病気です。「寝ていて起き上がろうとした際にぐるぐるめまいがした」「横になって寝返りをしたときに目がまわった」といった症状が見られます。その際には頭の動きに応じて「眼振」という特徴的な目の揺れが生じるため、特殊なメガネをかけて眼振の有無とその性状(向きや時間)を調べることで診断します。めまいの症状は徐々に良くなってきますが、めまい体操などを行うことでめまいが起こりにくいようなリハビリを行うこともあります。

メニエール病:ぐるぐる回るめまいと共に、耳鳴りや聞こえにくい感じがおこります。 ストレスを契機にめまい発作をおこすことがあるため、日常生活で規則正しい生活習慣をつけて再発防止に努めることが大切です。

前庭神経炎:風邪症状の後に、数日単位で強いめまいが生じます。前庭神経に炎症を起こすことが原因であり、めまいがおちつくまで少し安静が必要となります。

6.頭頸部腫瘍

首から上で、眼と頭を省いた多くの領域を「頭頸部」と称します。「のど」と一般に言われる部位には、「咽頭」と「喉頭」の両方を含んでいます。「頭頸部領域」とは、主に「口」から「のど(咽頭)」を介して食道から胃へとつながる食べ物の通り道(上部消化管)と、「鼻」「口」から「のど(喉頭)」をとおって気管から肺につながる空気の通り道(上気道)を示し、さらにその周囲の唾を作る組織(耳下腺、顎下腺といった唾液腺)や甲状腺を含んでおり、この部に生じた疾患を扱います。また、頸の血管内に生じた疾患(内頸動脈血栓症など)や頸椎、頸髄などの病気は脳神経外科や整形外科の領域となります。

この頭頸部領域に発生する癌をひろく「頭頸部癌」といい、各部位別に生じる「口腔癌(舌癌、歯肉癌、頬粘膜眼など)」「喉頭癌」「(上、中、下)咽頭癌」などを含みます。頭頸部癌一般の特徴として、①組織型として、扁平上皮癌のものが多く、そのため放射線治療が有効な場合が多い ②喫煙、飲酒といったものが危険因子となる場合が多く、食道を含めた複数の癌(重複癌)が多い ③呼吸、嚥下、発声を中心に様々な脳神経に関与した部位にあるため、これらの機能に関与した器官が多い④治療に関しては顔面に近く、形態と機能を考慮した治療が望まれる などといったものがあげられます。

早期診断と早期治療も重要ですが、病気にかからないような予防も重要な点です。これらの癌は、一つの原因だけで発生するものではなく、体質的なものの他に、様々な生活習慣や環境因子などが関係して起こってくるといわれています。このなかで、喫煙習慣が重要な項目となっており、喫煙をしないことがまず大切です。過度な飲酒もやめる必要があり、「禁煙、節酒」を心掛けるよう努めてください。

口腔癌:舌、歯茎(歯肉)、ほっぺた(頬粘膜)などに発生する癌です。小さなものでは放射線治療が有効ですが、線源を埋め込んで体の中から治療を行う内照射を行っている施設は少なく、また骨に近い部分は治療が困難であるため手術治療が選択させる場合が多い。比較的小さな腫瘍に対しては「切除」のみで対応できますが、ある程度大きなものに対しては切除範囲が広くなるために、切除部位に応じてその範囲を患者さま自身の組織を移植することで補う「再建手術」も必要となります。 治療後、必要に応じて放射線治療と抗がん剤を併用した治療を行うこともあります。治療後の、各種機能障害(しゃべりにくい、のみこみにくい、口が渇きやすい、など)に対してはリハビリなどを行い可能な範囲で機能回復に努めるようにします。

喉頭癌:のど仏の部分を甲状軟骨の喉頭隆起といいますが、その中にある声を音源となる声帯を含めた気管から肺へとつながる部分(喉頭)にできた癌をさします。初めにはのどの違和感やすこし声がかれるといった症状ですが、病気が進行してくると声が強く嗄れたり、出しにくくなり、ものを食べるときにむせこむことが起こるようになります。喉頭内視鏡検査や画像検査(CT,MRIなど)を用いて検査を行い診断します。病気の種類としては、癌のなかでも扁平上皮癌というものが多いために早期の病気では放射線治療が有効です。しかし、進行している場合には、手術や抗がん剤と放射線治療を同時に行う化学放射線治療をおこなうことになります。手術では口の中から腫瘍とその周辺を取ったり、頸部を切って喉頭を半分切除して対応できる場合もありますが、やはり進行したものでは喉頭を全部取る必要があり、その際には自分の声が出せなくなってしまいます。喉頭全摘出後にも、対応法はあります。食道発声と言って、一旦おなかに空気を飲み込んだのちにこれをげっぷの要領で出す際にのどの粘膜を振動させて声にする「食道発声」や声の音源となる器具(人工喉頭)を用いてしゃべる方法や、シャントといって咽頭と気管工を交通させ話す方法などがあり、いろんな工夫をしながら術後の発声訓練を行います。

咽頭癌:口から者を飲み込んだあとに、食べたものが食道へと入っていく間にとおる部位(咽頭)にできる癌を言います。初めには、のどの違和感くらいのことですが進行すると、のどの痛み、のどから血が出る、声がかすれる、飲み込んだ際にものがつかえるといった症状がおこり、時に首のリンパ節がはれることで見つかる場合もあります。 喉頭癌と同じく、扁平上皮癌が多いため放射線療法は有効です。近年、パピローマウイルスが原因として発生する咽頭癌が増えています。パピローマウイルスによる癌の場合には、のどの病気自体は比較的小さくても大きな首のリンパ節の転移を契機にみつかることがあり、喫煙や飲酒が原因で生じた患者さまに比較した場合放射線の治療効果が高い傾向があります。喉頭癌同様に、早期癌症例では放射線で対応可能な場合もありますが、進行癌では、化学療法と併用した放射線治療を行う場合(化学放射線治療)やさらに拡大切除と再建を伴う手術が必要な場合もあります。

7.その他

首に腫れものがある

頸部リンパ節炎:頸にあるリンパ節が、細菌やウイルスなどによって炎症を起こし腫れる場合。鎮痛薬などを用いて対応しますが、時にステロイド薬を使用することもあります。

頸部リンパ節腫脹:通常の炎症性変化以外で首のリンパ節が腫れている場合には、腫瘍性病変によって腫れている場合があります。口やのどにできたできもの「腫瘍」によって首のリンパ節が腫れてしまったり、「リンパ腫」といって体全体のリンパが腫れる病気が首の腫れを契機に見つかったりすることがあります。これらの腫瘍性病変がないかを内視鏡を用いて検査します。

飲み込みにくい、むせこみがある

嚥下障害:口から食べたものをゴクンと飲み込むと、すぐにのどから食道から、さらに胃に送られていき消化されます。この際に、食べたものがうまく飲み込めず、のどの奥に詰まってしまったり、食道でなく気管にはいってしまいむせこむことがあります。のどの神経の問題で、のどの感覚が悪かったり、動きが悪いせいで起こったりする場合や、のどにできものができている場合にも飲み込めなかったりしますが、年齢によってものみこみの機能が低下します。のどの感覚が鈍ってくるために飲み込んだ際に起こる呑み込みの動作が遅れて生じたり、年齢と共に筋力低下によってのど仏がさがってきますが、ゴクンと飲み込むときにのど仏が下がっているために飲み込む動作時の移動距離が長くなったり、年齢と共に唾液に変化が出てきて、以前に比較すると量が少なくなりねばねば度が増してきます。
唾液自体はのどの潤滑油的な役割をするためこの唾液が少なくねばねばすることも影響します。その他いろいろな要因で飲み込む力が低下します。 飲み込む力が落ちて、食べたものが気管に入ったりすると肺炎を起こす危険性が生じます。こまめに歯を磨いて口の中を清潔に保つ、水分をこまめにとったりうがいをしてのどを潤す、食べ物の性状に気を付ける(パサついたものは避ける)、水を一気飲みしない、嚥下体操(舌を突き出したり、ものを飲み込んだ後に息をこらえてのど仏を高い位置に保つ、など)をするなどして誤嚥防止に心掛けましょう。

いびきがひどく、夜間息が止まることがある

鼻からノドまでの空気の通り道(上気道)のどこかが、下記にあるような原因で狭くなっていると夜寝ているときにいびきをかくことがあります。夜寝ているときには体の筋肉に力が緩んでおり舌の筋肉も緩むために、睡眠中仰向けに寝ていると舌がのどの奥に落ち込むようになり上気道が狭くなってしまいます。上気道が狭くなると、夜寝ている間に狭いところを空気が通ることとなり、その気道周囲の粘膜が振動を起こすことでいびきをかくようになります。
原因としては、肥満、アレルギー性鼻炎や蓄膿症などの鼻の病気、アルコール、口蓋扁桃の肥大、加齢などがあります。
単なるいびき症の場合もありますが、夜間睡眠中に呼吸が頻回に止まっていたり(無呼吸)をおこす、睡眠時無呼吸症候群という病気もあります。睡眠時無呼吸症候群では、夜寝ている間に呼吸が停止し良好な睡眠がとれていないために、寝覚めが悪い、日中に体がだるい、昼間に居眠りをする(時に運転をするときには要注意です)といった症状の他に、高血圧、心筋梗塞、糖尿病などの心臓病、脳血管障害が起こりやすいといわれ、精査、必要に応じて治療が必要です。